ホテルアドリア

ナス。トースターで焼いてからフライパンで炒める。南イタリアのBari駅の近くにhotel Adriaがある。1階には家族経営のレストランがあって、前菜はテーブルに並んでいて自分で取り分けてよい。そのなかに茄子とインゲン豆をグリルしてオリーブオイルをかけたものがあり、とてもおいしかった。以来、茄子の調理はその仕上がりを目指している。が、なかなかうまくは出来ない。
おっちゃんおばちゃんが厨房、息子二人で兄はいつでもパソコンで経理かなにかをしていて、弟のほうは給支でお喋りで明るい。TVでサッカーのコパイタリアが始まったら、料理が出てこなくなった。暇な1人旅にはちょうどよい暇つぶしにもなった。

コメント